ウーマン

二重の施術もフェイスアップも高須クリニックにお任せ

フェイスリフトの種類

目元

プチ整形としても行われることが多くなりつつあるフェイスリフトにはいくつか種類があります。以前は外科的に行われるリフトアップと呼ばれる整形が主流でした。リフトアップはメスで直接切開し、リフトを上げるために持ち上げた状態で縫合します。傷口が残ることになり、近年では滅多に行わない方法です。糸を使用したフェイスリフトは非常に人気がある方法です。プチ整形で行われるフェイスリフトのほとんどが糸を使用しており、持ちあげたい場所を糸で直接引っ張ります。糸は体に吸収される特殊な糸が用いられ、数年経つと完全に吸収されてしまいます。そのためフェイスリフトの効果は限定的で、いずれ元に戻る特徴があります。しかしこの元に戻るという特徴が支持されており、安心して行うことが出来る理由になっています。リフトアップの場合は皮膚を切開するため基本的には元に戻りません。リフトアップと糸を使用したフェイスリフトの違いをしっかりと知っておくことが大事になるでしょう。

リストアップにしてもフェイスリフトにしても基本的には体内に異物を挿入する治療が必要になります。しかし近年では異物を一切必要としないフェイスリフト術が登場してきています。高周波やレーザーを使用した方法は肌組織を活性化させることで持ち上げることが出来るようになります。高周波などで肌の奥を刺激し、歳とともに低下してくる肌の機能を高めてくれます。これによって若々しい肌に生まれ変わることが出来ます。即効性はなく、数回程度高周波などを照射する必要もあり、実はコストがかかるというデメリットが有ります。しかし外科的治療が不要でまた肌本来の性質を利用して持ち上げることが出来るため非常に人気があります。